そもそも土用の丑とは何?

【2018年2019年版】土用の丑の日(どようのうし)|doyo-no-ushi.org

MENU

土用の丑ってなあに?

考える女の子

クリスマスやお正月、お盆と違い、年ごとに変化があるのが土用の丑の日です。

 

ちなみに、
2018年(平成30年)の土用の丑は7月20日と8月1日。
2019年(平成31年)は7月27日の1日のみです。

 

この『土用』、主に「夏」のイメージが強いですが、本当は1年に何回もあることを知っていますか?

 

土用の由来は中国の自然哲学である『五行説』からきています。

 

『土用』は春夏秋冬の年4回もある!?

五行とは、四季の移り変わりにおける世の中の変化を、4つではなく5つの概念にあてはめた思想です。

 

春=木行
夏=火行
秋=金行
冬=水行
季節の変わり目=土行

 

この季節の変わり目は、四立の前18日〜19日間を指します。
2018年度の節季および土行期間は

 

節気 土行期間
土用入り 土用明け
立春(2月4日頃) 2018年1月17日 2月3日
立夏(5月5日頃) 2018年4月17日 5月4日
立秋(8月7日頃) 2018年7月20日 8月6日
立冬(11月7日頃) 2018年10月20日 11月6日

 

 

『土用明け』の翌日から次の季節が始まるとされています。
終わりゆく季節と新しく生まれ来る季節をスムーズに交代させ、穏やかな四季の巡りを支える“季節の橋渡し役”が土用の役目なのですね。

 

 

土用の丑はなぜ夏?




スポンサードサーチ

夏の土用の丑が2回ある年がある!?

土用は、天球上の緯度と経度にあたる太陽黄経が117度から始まり、135度の前日までと定義されています。夏の土用はおおよそ7月19日〜8月7日の期間となり、丑の日は7月19日〜30日の間に訪れます。
ただ、土用に入って7日以内に丑の日を迎える年は、期間中に丑の日が2度巡ってきます。その場合は「一の丑」「二の丑」と呼んで区別しています。
下記の表から分かる通り2013年、2015年、2017年、2018年、2020年には、土用の期間中に2度丑の日が巡ってくるのです。

 

夏の土用の期間と丑の日

年度    入り    明け    一の丑   二の丑
2012年  7月19日  8月6日  7月27日
2013年  7月19日  8月6日  7月22日  8月3日
2014年  7月20日  8月6日  7月29日
2015年  7月20日  8月7日  7月24日  8月5日
2016年  7月19日  8月6日  7月30日
2017年  7月19日  8月6日  7月25日  8月6日
2018年  7月20日  8月6日  7月20日  8月1日
2019年  7月20日  8月7日  7月27日
2020年  7月19日  8月6日  7月21日  8月2日

 

デルファーマ
自宅で簡単、医療機関専門のケミカルピーリング
 
知ってるようで意外と知らない洗顔の基礎知識、あなたの洗顔方法は大丈夫ですか?

 

更新履歴