塗るだけ簡単焼きおにぎり





 

 

 

簡単焼きおにぎり

焼きおにぎり

  材料 1人分
白米(温かいもの) 茶碗1杯分
うなぎのタレ
大2

白ゴマ 少々
少々

 

作り方
1 フライパンでゴマを炒る(省いても良い)
2 ご飯に炒った白ゴマを混ぜ、手のひらに塩をつけておにぎりを作る
3 フライパンを熱し、おにぎりの表面に軽く焦げ目がつく程度に焼く
4 お皿にうなぎのたれを入れ、片面をうなぎのタレに浸し、その面をフライパンでしっかり焼く
5 もう一方の面も同じように焼き、両面が香ばしく焼き上がれば完成





簡単焼きおにぎり関連ページ

基本のうなぎタレ
土用=夏というイメージがありますが、実は春夏秋冬の年4回あり、土用の丑の日も年間平均6日ほどあります。土用は四季の終わりと始まりの間にあり、最終日は「土用の明け」と言い、翌日から次の季節が始まるとされています。
簡単照り焼きチキンサンド
土用=夏というイメージがありますが、実は春夏秋冬の年4回あり、土用の丑の日も年間平均6日ほどあります。土用は四季の終わりと始まりの間にあり、最終日は「土用の明け」と言い、翌日から次の季節が始まるとされています。
簡単サバの味噌煮
土用=夏というイメージがありますが、実は春夏秋冬の年4回あり、土用の丑の日も年間平均6日ほどあります。土用は四季の終わりと始まりの間にあり、最終日は「土用の明け」と言い、翌日から次の季節が始まるとされています。
ヘルシー酢豚
土用=夏というイメージがありますが、実は春夏秋冬の年4回あり、土用の丑の日も年間平均6日ほどあります。土用は四季の終わりと始まりの間にあり、最終日は「土用の明け」と言い、翌日から次の季節が始まるとされています。
野菜炒め
土用=夏というイメージがありますが、実は春夏秋冬の年4回あり、土用の丑の日も年間平均6日ほどあります。土用は四季の終わりと始まりの間にあり、最終日は「土用の明け」と言い、翌日から次の季節が始まるとされています。
豚丼
土用=夏というイメージがありますが、実は春夏秋冬の年4回あり、土用の丑の日も年間平均6日ほどあります。土用は四季の終わりと始まりの間にあり、最終日は「土用の明け」と言い、翌日から次の季節が始まるとされています。
甘辛ウマチャーハン
うなぎのタレを塗るだけで、おにぎりがワンランクUPしますよ。
かぼちゃの煮物
うなぎのタレを塗るだけで、おにぎりがワンランクUPしますよ。